名古屋で探す 満足度の高い豊胸クリニック

理想のバストに!名古屋の豊胸クリニックNavi

バストアップクリーム

最近はクリームやサプリなどバストアップに関連したアイテムも種類豊富に販売されているので、胸に悩みがある女性なら一度は体験したことがあるかもしれません。

しかしなかには、「本当に効果は出るの?」「身体にリスクはないの?」などの悩みで使用を躊躇している方も少なくはないはず。

そこで今回は、バストアップクリームについて、効果やメリット・デメリット、選び方のポイントなどを紹介して行きたいと思います。

バストアップクリームとは?

クリーム

バストアップクリームとは直接胸に塗りこみ肌に浸透・吸収させることでバストアップ効果を促す効果があるクリームのことです。

最近はいろいろなメーカーからバストアップクリームが販売されていますが、それぞれ配合されている成分は異なります。

しかし基本的には、市販のバストアップクリームにはバストアップ効果を促す成分だけでなく、美容成分も一緒に配合してあることが多いようです。

バストアップクリームの効果は?

バストアップクリームの効果には個人差があります。

実際にクリームだけでバストアップが実現した方もいればサプリと併用して効果が出た方もいるようですが、基本的には使いはじめてすぐに高い効果が期待できるという代物ではありません。

また、先ほども紹介したように商品によって配合されている成分や量が異なりますが、市販のバストクリームには以下に挙げた3タイプの成分が配合されていることがほとんどです。

乳腺を活性化させる効果がある成分

女性の胸は10%の乳腺と90%の脂肪で形成されているため、バストそのものを大きくするためには、乳腺を活性化させるか脂肪の量を増やすかのどちらかを行う必要があります。

このうち、乳腺を刺激し活性化させる作用があるのが女性ホルモンです。女性ホルモンが正常に分泌されると乳腺を刺激し、バストに脂肪が付きやすくなると言われています。

バストアップクリームには、乳腺を活性化させるために女性ホルモンに似た働きをする成分である「プエラリア」や「イソフラボン」が配合されていることが多いです。

乳腺に働きかけるバストアップクリームは痩せ型の女性でも効果が期待できることもあり、特に「プエラリア」が配合されているバストアップクリームは多く販売されています。

バストの脂肪を増やし蓄積させる効果がある成分

脂肪を増やし蓄積させる効果がある成分として、最近バストアップクリームに配合されることが多いのが「ボルフィリン」です。

ボルフィリンで増えた脂肪は減りにくいと言われているため、バストのボリュームをアップさせたいという方には特におすすめです。

美容成分

ほとんどのバストアップクリームには「プラセンタ」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「スクワラン」などの美容成分が配合されています。

これらは主にバストのハリや艶を良くするために配合されていますが、コラーゲンにはさらにバストの垂れを防ぐ効果が期待できます。

バストアップクリームのメリット・デメリットって?

バストアップクリームを使用する際に副作用を気にする人も多いのではないでしょうか。

実際にバストアップクリームにはうれしいメリット以外に、副作用など怖いデメリットが生じることもあります。

バストアップクリームの主なメリット

  • 手軽にバストアップ効果が期待できる
  • 比較的リーズナブル
  • 美乳づくりも期待できる
  • 身体上のリスクが比較的少ない

バストアップクリームは肌に直接塗りこむことができるので、バストのボリュームアップだけでなく美乳づくりにも最適です。

特にバストアップマッサージをしながらクリームを塗布すれば、バストにハリや弾力、柔らかさをもたらす効果も高くなると言われています。

また、バストアップクリームはサプリなどと比べて安価に手に入ることも大きなメリットと言えるでしょう。

一方で、冒頭でも説明したようにバストアップサプリには副作用が生じることもあります。

しかしあくまでバストアップクリームは身体の外から塗るものなので、身体の内側からアプローチするサプリメントほどはリスクが少ないと言えます。

バストアップクリームの主なデメリット

  • 効果に個人差がある
  • 副作用が出ることも
  • 使用するにあたって注意が必要

バストアップクリームの場合、配合されている成分によっては副作用が出ることもあります。

例えば「プエラリア」はバストアップクリームに配合されていることも多い成分ですが、女性ホルモンの一つ「エストロゲン」のみを活性化させてしまう作用があるため、ホルモンバランスを崩してしまうことがあります。

ホルモンランスが崩れてしまうと生理不順や不正出血といった月経に関連したトラブルや肌荒れなどが起こる可能性があるので、使用するにあたって身体上のリスクがないとは言い切れません。

また、バストアップクリームの中でも「ボルフィリン」を含む商品は使用上の注意が必要です。と言いますのも、ボルフィリンはバストだけに効く成分ではないため、使用後に手を洗わずにいたり他の場所に塗ったりするとその部位の脂肪細胞も増殖させてしまう恐れがあります。

バストアップクリームまとめ

バスト

バストアップクリームはサプリメントや豊胸手術と比べて身体上のリスクが少ないことやリーズナブルで手に入ることが大きなメリットとして挙げられます。

一方で、配合されている成分によっては副作用が出る可能性が0ではないうえ、必ずしも希望通りのバストアップが見込めるわけではないことは大きなデメリットと言えるでしょう。

しかしバストアップクリームには美容成分が多く含まれているものも多いので、バストのボリュームアップだけでなく美乳づくりにも励みたいという方にはバストアップクリームの使用をおすすめします。

名古屋の豊胸クリニック3選 詳しく見る
Pagetop