名古屋で探す 満足度の高い豊胸クリニック

理想のバストに!名古屋の豊胸クリニックNavi

PPP・PRPジェル豊胸

PPP・PRPジェルとは

PPPとは少血小板血漿のことを言い、PRPとは多血小板血漿のことを言います。PPP・PRPジェルは、自分の血液から各血漿を取り出し、熱処理をしてジェル状にしたものを言います。

献血豊胸とも言われるPPP・PRPジェル豊胸は、このジェルを使った豊胸手術のことを指します。ジェルを注入するので、ヒアルロン酸のような手軽さがあります。

必要な血液量は?

PPP・PRPジェル豊胸で1カップアップするために必要な血液量は、およそ300~400ccです。この量の約半分がジェルとして使われます。その人の体重やヘモグロビンの量を測定して、採取する血液の量が決まります。

ちなみに、赤十字で行う献血は、1回の量が約200~600ml。身体に深刻な影響を与える量ではないので、安心です。

PPP+PRPジェル豊胸のメリット

このPPP・PRPジェル豊胸のメリットとしては、まずアレルギーの心配がないということ。自分の血液を使うので、拒否反応などが起こることはなく、非常に低リスクな施術です。身体に人工物などの異物を入れたくないという人にはピッタリの施術ですね。また、痩せ型で脂肪を採取できず脂肪注入が出来ない人にもおすすめの豊胸術です。

そしてダウンタイムが短いのもこの手術の魅力。術後通院の必要が無く、ハレや内出血の心配も少なくて済みます。

そしてジェルを注入するということから、仕上がりが自然なのも魅力です。

PPP+PRPジェル豊胸のデメリット

では、デメリットはあるのでしょうか。

PPP・PRPジェルは、取った血液の半分がジェルとして使用されます。自分の身体から血液を取るので、1~2カップのアップが限界です。2カップ以上大きくしたい人には、プロテーゼ挿入などの他の方法が向いています。

また、時間とともに自然に体内に吸収されて行くので、3ヶ月~1年位でもとに戻ります。

また、しこりができる可能性が、PPP・PRPジェル注入にもあります。他の施術方法でも同じですが、一度に多量の注入をしたり不純物が混じっていたりするとしこりが出来てしまい、かたい手触りや不自然な盛り上がりの原因になってしまいます。

名古屋の豊胸クリニック3選 詳しく見る
Pagetop