名古屋で探す 満足度の高い豊胸クリニック

理想のバストに!名古屋の豊胸クリニックNavi

プロテーゼ

こちらのページではプロテーゼによる豊胸術について解説します。

プロテーゼを挿入する方法

プロテーゼとは、胸に挿入するシリコンバッグなどを指します。

豊胸クリニックでは、数多くのプロテーゼを用意されているため、体質や体型に合ったプロテーゼを選ぶことができます

また、プロテーゼの挿入法には3つのタイプがあります。

まず、乳腺の下に入れる方法で、バストが大きめの方がバストの形を整える場合におすすめします。

次に大胸筋の下に挿入する方法があります。バストが小さい方でもボリュームアップが図れ、仕上がりも自然です。

3つ目は筋膜の下から挿入する方法で、乳腺と大胸筋の間にプロテーゼを挿入します。筋膜を剥がすため、術後にダウンタイムが生じやすいです。

プロテーゼ挿入法の費用は、挿入するバッグの種類や方法により大きく異なりますが、30万円~50万円が相場となっています。

プロテーゼのメリット

プロテーゼ挿入のメリットは、半永久的な効果が得られることです。現在は技術が進歩し、プロテーゼの質も高くなってきたため、安全に施術ができ、挿入後は長期間効果を維持できます。

また、サイズも自由に選べるため、好みのボリュームを出せますので、バストが小さい方でも豊かなバストを実現できますし、

さらに、現在は豊胸バッグの種類が豊富であるため、一人一人の体型や希望のサイズ・形、触り心地など、理想の形に近づけやすいです。

プロテーゼのデメリット

プロテーゼは、バストの下部や脇など、目立たない部分を切開しますが、メスを使う以上どうしても傷跡が残ってしまいます。術後数週間もたてば傷跡は目立たなくなりますが、それまで露出の多い服は着られません。

豊胸術にはさまざまな方法がありますが、プロテーゼ挿入は最もダウンタイムが長いと言われており、数週間ほどは、痛みや腫れが続く方が多いです。

近年は、バッグの質や耐久性は向上していますが、変形や破損する可能性は少なからずあります。

そこで大事になってくるのがクリニック選び。カウンセリングをしっかり行い、技術力の高いクリニックを選ぶことが重要です。

この記事の関連のページ

Pagetop