名古屋で探す 満足度の高い豊胸クリニック

理想のバストに!名古屋の豊胸クリニックNavi

女性の悩みの1つ!乳首の肥大について

乳首の肥大について

胸に対してコンプレックスを持っている方の中には、乳首で悩んでいる方もいます。乳房に対して乳首が大きくなり、垂れてきたりすることで、コンプレックスを抱えている方も多いようです。しかし、乳首の肥大といっても人によって大きさは様々です。日本人女性の平均は、だいたいどれぐらいの大きさなのでしょうか。 日本人女性の乳首の平均的なサイズは、高さや大きさがだいたい1cm程度と言われています。あまり気にしない方もいるかと思いますが、思春期や、妊娠前の体型と変わってくると気にする方もいるようです。また、見た目以外にも下着の擦れにより痛い思いをしている方や、カップ付きのアウターでは乳首をカバーしきれず、目立ってしまう方もいるようです。

次は、乳首の肥大の原因についてみていきましょう。

乳首が肥大する原因

乳首が肥大する原因には様々な理由があります。ここでは主な原因となるものを挙げていきます。

その1: 成長段階での影響

女性の胸の成長は、生理前に大きくなり始めます。子どもから大人の体型になっていく段階で、乳房と乳首の成長に差がでてきてしまうことがあります。この時に、乳首の成長が早まってしまうと乳房が追いつけなくなるため、乳首が肥大する原因が起こってしまうのです。

その2:妊娠・出産・授乳

妊娠をすることによって、体内で女性ホルモンが増えていきます。この女性ホルモンは、妊婦さんにとって赤ちゃんをお腹で育てていく時に、とても重要となります。女性ホルモンが多く分泌されると、その影響で胸が大きくなっていきます。そして、出産し授乳を経て胸の大きさが戻っていく方もいますが、まれに乳首だけが大きくなったまま元に戻らず、そのままの状態でいる方もいるようです。

その3:遺伝による影響

乳首が肥大している原因で、成長や妊娠・出産が原因でない場合は遺伝による影響の可能性もあります。顔が親からの遺伝であるように、体の部分も両親に似ることがあります。

肥大した乳首は手術で小さくできる

体の悩みは恥ずかしくて誰にも言えなかったり、見せたくなかったりとコンプレックスになっていることがあります。コンプレックスの改善に、一度美容整形クリニックでカウンセリングを受けてみることをおすすめします。普段言えないような悩みも専門科の方に相談するだけで、気が楽になりますよ。
美容整形クリニックでは、肥大した乳首は部分的に切除し、小さく・短くすることができる治療方法があります。この治療方法は、乳首の肥大に悩んでいる多くの女性が受けており、美容整形クリニックでも、受けることができる手術です。胸の部分を麻酔し、1時間ほどで手術を終えることができます。手術の事例はたくさんあるので、自分と似たような症状の方の事例をみてみるといいですね。
手術が成功すると、平均的な乳首の大きさになり、以前の見た目とは分からないくらい綺麗になります。 どのような乳首の形にするか相談もできるので、手術を受ける時は、トラブルが起きてしまわないようにカウンセリングの時にしっかり伝えておくことが大切です。クリニック選びはしっかり見定めましょう。

肥大した乳首を改善してくれる手術のメリット・デメリット

メリット

手術を受けることによるメリットはたくさんあります。

・見た目のコンプレックスを解消できる 今まで気にしていた見た目のコンプレックスを改善できることが最大のメリットではないでしょうか。コンプレックスがなくなることで、自分に自信がつきますよね。他人には理解できないような悩みでも、本人にとっては重大で毎日が憂鬱になるようなこともあります。しかし、手術を受けることでコンプレックスを解消することができます。乳首を小さくする手術は、総合病院などで受けることもありますが、乳首の形に細かく指示したい方や、こだわりのある方は美容整形クリニックで受けてみるのもいいでしょう。

・傷口が目立ちにくい 乳首の肥大の手術は、傷口が目立ちにくいのもメリットです。乳首は、メラミンの色素やシワによって手術の跡が目立ちにくいので、手術後も温泉など人前で裸になることがあっても安心です。

・日帰りで手術を受けることができる 手術と聞くと、数日間休みを取らなければいけないと思われる方もいるかと思いますが、手術後すぐに帰宅ができます。日常生活影響が少ないこともメリットです。

デメリット

ここでは、乳首肥大に関する手術のデメリットについてみていきましょう。

・乳首の形や大きさ 経験の浅い医者だと、形や大きさに違いがでる可能性もあります。また、乳管を傷つけてしまうと血行に影響がでてしまうこともあるので、そのため、しっかりカウンセリングを受け医者を見極める必要があります。

・再発の可能性もある 手術後でも、皮膚は成長する力を持っているため完全に、乳首の肥大を止めることはできません。乳首の肥大の原因にもよりますが、再発する可能性があることも頭に入れておきましょう。

手術を受ける前に疑問を解消しましょう

その1:ダウンタイムは大丈夫?

手術後も、すごく痛むということはありません。腫れもありますが、当日に手術を受けて、帰宅することもできます。通常の整形手術と比べて、腫れがでて仕事ができないということも少ないです。翌日から仕事もできますので、日常生活に支障がでることはほとんどありません。

その2:子どもが生まれた時の授乳に影響はない?

影響はありませんので安心してください。皮膚を切除し、乳腺を残すので授乳は普通に行なうことができます。

その3:傷跡って残る?

手術の方法によって変わってきますが、傷跡が残る可能性はほとんどありません。術後の経過が順調にいけば、手術をしたことが分からないほど傷跡も綺麗に治ります。

その4:術後に気をつけることは?

手術した箇所が濡れないようにすることが大切です。当日からシャワーに入れますが、手術した場所が濡れないように気をつければ、他は特に大丈夫です。また、腫れることもあるのでお酒を飲むことや、湯船に長時間浸かる、激しい運動などの行為は行なわないようにしましょう。身につける下着も、圧迫しすぎないものを選ぶことをおすすめします。これらの注意点を気をつけることで、手術の経過も良くなります。

その5:未成年でも手術することはできる?

保護者の同意があれば手術を受けることが可能です。しかし、未成年ということもありカウンセリングは、保護者の方も同席するようにします。トラブル回避のためにも、一緒に説明を受けるようにしましょう。

Pagetop