名古屋で探す 満足度の高い豊胸クリニック

理想のバストに!名古屋の豊胸クリニックNavi
名古屋の豊胸おすすめクリニック HOME女子の胸に関する悩みの種類
若い人ほど発症率が高い陥没ちくびとは~注意すべき問題~

若い人ほど発症率が高い陥没ちくびとは~注意すべき問題~

陥没ちくびの女性は増加傾向にある!

通常のちくびは前方向に向かって突出しているのが普通です。

しかし、中にはちくびが陥没している人もいるのです。ちくびが陥没しているという人は、成人女性の中で約10%近くいるとされています。

特に、若い女性だと、この陥没ちくびの割合が高いとされているのです。ちなみに、この陥没ちくびは見ただけですぐに分かります。

見てすぐ分かってしまうというのはチェックする際は良いですが、コンプレックスとしては最悪なことだといえるでしょう。ですから、精神的にも辛いコンプレックス、として本人にのしかかるのです。

陥没ちくびは「仮性」と「真性」に分けられる

陥没ちくびには仮性真性の2つに分けられます。仮性である場合は、軽症であることが多いため安心しても良いでしょう。

しかし、真性の場合は、名古屋のクリニックへ行き、医師に相談する必要があります。場合によっては手術して治すしかありません。

ちなみに、仮性と真性の見分け方についてですが、仮性の場合はちくびに刺激を与えると出てきます。この状態は比較的に軽度な症状と判断できるのです。

真性の場合は、刺激を与えても出てくることはありません。このように反応に大きな違いがあるため、判別は簡単にできます。

陥没ちくびの問題点とは?

陥没ちくびは、見た目が不自然に見えるだけでなく、見た目以外で、様々な問題を引き起こします。ここでは、その問題について紹介していくので今後のためにもチェックしましょう。

問題点①:授乳がしにくい

陥没ちくびだと見た目にやや問題があるだけではなく、機能性にも問題が起きてしまいます。

一番困る場面が授乳をする時です。真性の場合だと授乳ができないというトラブルが発生します。これは子供を育てる上では非常に困ることだといえるでしょう。ちなみに仮性の場合は授乳可能です。

仮性の程度にもよりますが、授乳自体はできるとされています。しかし、基本的にちくびがへこんでいるため、授乳させにくいことや溝に雑菌が繁殖してしまうという問題を抱えているのです。

この不衛生な状態が続くと、乳腺炎という病気になる可能性もあるので注意しましょう。

問題点②:病気になりやすい

乳頭がくぼんでいると、そこに細菌が繁殖してしまい乳腺炎という病気になりやすくなります。この乳腺炎は、乳腺という場所が炎症を起こすことで発生する病気です。

この炎症を放置しておくと、そのうち激痛に苛まされることになります。どのくらいの痛みかというと、うつ伏せになって眠れないほどの痛みです。

このような痛みを伴うと、日常生活でも支障をきたす恐れがあるため、早めに病院へ行き問題を解決しましょう。

陥没ちくびの原因は主に2つ!

陥没ちくびの原因は、生まれもって陥没しているケース(先天的なもの)と成長過程によってによってちくびが陥没するケース(後天的なもの)があります。

先天的なもの

生まれつき乳腺と入管の成長が足りなかった場合に先天的な陥没ちくびになります。

入管の成長が不足すると、ちくびに繋がる管の長さが短くなってしまい、ちくびを内側へ引っ張るような働きをしてしまいます。

これが原因で陥没するため、改善するためには手術しか手が残されていません。

後天的なもの

この後天的なものが先天的なものと比べて怖いです。というのも、先天的なものと違い、胸に何かしらの原因があることで後から陥没したということになるからです。

その原因は乳がんという深刻な病気が絡んでいる時もあります。もしくは、胸の手術をしたという理由で陥没することもあるため、原因の追及を急ぐためにも一度クリニックへ行き診てもらいましょう。

まずはできることから!自分でできる陥没ちくびの対処法

陥没したちくびは自分でマッサージすることである程度改善が見込めます。ここではそのマッサージ方法を紹介しているので一度目を通しておきましょう。

マッサージ

・やり方

まず片手で胸全体を下から支え、残った片手を使ってちくびをつまみましょう。次に押し出すような感じでゆっくりと上下させていきます。そして上下左右と動かしながらマッサージしていきましょう。

・注意点

痛い場合は無理して行わないようにしましょう。また、お風呂に浸かりながらマッサージを行うとやりやすくて良いです。

お風呂でなら清潔な環境を整えてからマッサージすることができます。特に注意したいのが妊娠中です。

妊娠初期であれば、このマッサージをしてしまうと子宮を刺激してしまいあまり良くありません。ですから、妊娠している人はマッサージを避けるようにしましょう。

吸引器具を使う

・使い方

吸引器はドラッグストアで販売されているので、手軽に入手可能です。

吸引器には様々なタイプがありますが、その中でも長い時間ちくびを引っ張り出した状態にできるものを選んだ方が良いでしょう。

使い方としては吸引ノズルをちくびにあて空気を抜いていきます。そうすることでちくびが引っ張られていくのです。

これを毎回日課としてやっていればそのうち陥没したちくびも改善されていきます。

もし吸引器でもダメだった場合は、名古屋のクリニックへ行き手術を受けましょう。

・注意点

ちくびを刺激しすぎると、子宮へ刺激が伝わります。もし妊娠中であれば子宮を刺激したことが原因で早産する可能性もあるのです。

もしマッサージや吸引器を使って改善を図ろうとするのであれば、リスクを回避するためにも時期を選ぶように注意しましょう。

確実に治したいならクリニックに相談しよう!

美容外科手術を行うクリニックでは豊胸手術や陥没したちくびの手術をしています。どうしても陥没したちくびをどうにかしたいという女性も多くいるため、陥没ちくびの手術は人気があるのです。

牽引法(けんいんほう)

仮性陥没(かせいかんぼつ)ちくびの場合には、この牽引法がおすすめです。これから妊娠する予定があるのであれば、ちくびがしっかりと本来の機能を果たせるように整えておかねばなりません。

この手術方法ならちくびの機能を低下させることなく陥没したちくびを改善できます。

切開法

真性陥没ちくびの場合は切開法がおすすめです。この切開法もちくびの機能を損ねずに、陥没したちくびを治すことができます。ですから、手術後には授乳もできるようになるのです。

陥没ちくびの手術を決める時のポイント

陥没ちくびの手術を受ける際は、将来のことも見越した上で受けるか受けないか決めるようにしましょう。ここでは陥没ちくびを温存するべきかどうかや注意点などを紹介しています。

ポイント①:乳管を温存するか

陥没ちくびの主な原因は乳管にあります。乳管が短いとちくびは引っ張られて陥没という現象を起こすのです。

ですから、陥没させないためには乳管を切り手術するのが一番手っ取り早いといえます。しかし、乳管を切断してしまうと、二度と元に戻せなくなるだけでなく授乳もできなくなってしまいます

ですから、できるだけ乳管を残し陥没ちくびを改善する手術を選びましょう。

ポイント②:後戻りしないか

乳腺炎を繰り返している、乳管のつっぱりが強いという人は、しっかり手術で縫合を行わないと後戻りしやすいです。また、せっかく手術を受けたのに乳首が後戻りしてしまい、元の陥没した状態になってしまいます。

後戻りを防止するためにも、どんな縫合か、手術にはどういった特徴があるのか、気になることはしっかり医師に質問しておきましょう。

ポイント③:傷跡が残らないか

大きな傷でなければちくびに傷跡が残っても問題ありません。というのも、ちくびは他の部位と比べて傷跡が目立ちにくい場所だからです。

傷跡が気になるという人は、ネットで症例写真を探し、傷跡が本当に目立たないのかどうかを確認してみましょう。

自分の症状に合った治し方を見極めよう

痛みの伴う病気にかかれば、その痛みを一刻も早くなくそうと必死になれるので病院へも躊躇なく行くことができます。

しかし、痛みのない陥没ちくびの場合は、面倒なことからどうしても病院へいくことが億劫になってしまい、中々足入を運ぶことができません。

陥没ちくびの症状によっては病院へ行かなくても大きな問題はありませんが、真性陥没ちくびの場合は痛みがなくても病院へ行って医師に相談をしましょう。

真性か仮性かに合わせて自分に合った手術方法を医師がすすめてくれるはずです。治すのは早ければ早い方が良いので自分の症状に合った手術をあらかじめ見つけておき、手術を受ける準備をしておきましょう。

Pagetop