名古屋で探す 満足度の高い豊胸クリニック

理想のバストに!名古屋の豊胸クリニックNavi

術後の授乳について

もっと胸を大きくしたい、上向きバストを手に入れたい、という思いは女性ならではの思いですね。昔よりも豊胸が身近になり、気軽に手術を考える人も増えているのではないでしょうか。しかし、心配になるのは豊胸後の生活です。これから出産や育児をするとなればなおさら、気になることがたくさんあります。豊胸をしてからの授乳や卒乳後のバストについて、詳しくお話ししていきます。

豊胸後の授乳ってできるの?

豊胸をした後、授乳ができないと考えている人も多いのでは?でも心配ありません。母乳は、乳腺で作られます。乳腺の下に挿入するタイプのシリコンであれば、影響を与えることはないでしょう。ただし、怖いのはシリコンが破裂してしまうこと。授乳をしているときは乳腺の発達によってシリコンが圧迫されます。ひどいと破裂してしまうため、より安心な方法での施術を検討したほうがいいかもしれません。

豊胸はシリコン以外にも、ヒアルロン酸や脂肪を注入する方法があります。以前よりも豊胸の種類は増えましたね。より自然なものを求める人に人気で、体内に吸収されていくため影響が少ないといえるでしょう。これから妊娠し授乳をしたいという場合は、ヒアルロン酸もしくは脂肪注入がおすすめです。

 

卒乳後にバストはどうなる?

妊娠する前にはバストがある程度しっかりとあって形も美しかった人でも、卒乳後のバストの変化に悩むことが多いのだとか。乳腺が小さくなり、サイズダウンします。サイズダウンするだけならまだしも、下垂するのも特徴ですね。ただ単に以前の大きさに戻るだけならいいのですが、そうではなく以前よりも小さく感じてしまうでしょう。これはバストが下垂することが原因です。

卒乳後にしぼんでしまったなと感じたときにも、豊胸はおすすめ。まだ2人目などを考えている場合は、やはりシリコンではなく違う方法で豊胸を考えてみましょう。サイズを大きくするというよりは、変化してしまった形を整えるために施術を受ける人が多いです。

豊胸で考えられるトラブルに対処しよう

最初にお話しした通り、豊胸は理想のバストを手に入れるために、最近はとても気軽に施術が受けられるようになりました。無理なく体にも負担がかかりづらいです。しかし、トラブルが全く起きないとは言い切れません。特に、妊娠や出産、育児を考えている人にはあまりおすすめできない、シリコンバッグを入れる方法を受けたときに起こりやすいのだとか。

お話ししたトラブルとして、シリコンバッグの破裂があります。極力破裂しないように作られてはいるのですが、妊娠して胸が大きくなってくると、平気で2カップから3カップぐらいは大きくなります。それだけ急激に乳腺が発達しているので、想像以上にシリコンバックは圧迫されるでしょう。

また破裂はしなくても、乳腺炎を起こす可能性も高くなりますし、母乳が出にくくなってしまうかもしれません。それほど強い痛みでなければ自然と改善しますが、炎症が強く痛みもひどい場合は、産婦人科で相談して対処していかなくてはいけません。

豊胸はとても気軽になり、これから出産や育児といったイベントを考えている女性でも問題なく受けられる施術も増えました。しかし、やはりある程度のリスクはあることを知っておかなくてはいけません。

また、産婦人科では豊胸した経験がある、ということは正直に伝えておきましょう。豊胸したことが恥ずかしくて内緒にしている人もいるのですが、自分や赤ちゃんのためにも正直になるのが一番です。そうすることで、医師としてもどんなリスクがあるかを把握して妊娠中も経過観察ができますし、出産後の母乳についてもアドバイスをしてもらえます。

名古屋の豊胸クリニック3選 詳しく見る
Pagetop