名古屋で探す 満足度の高い豊胸クリニック

理想のバストに!名古屋の豊胸クリニックNavi

睡眠

睡眠の質の良し悪しは、健康面ばかりではなく、バストの形成にも影響を及ぼします。こちらのページでは、睡眠とバストアップの関係について解説します。

バストの成長には、女性ホルモンの分泌が大きく関係しています。そして、睡眠の質や時間は女性ホルモンと成長ホルモンの分泌に影響を与えます

特に夜22時から2時の時間帯は女性ホルモンと成長ホルモンが活発に分泌されるため、この時間帯を睡眠に充てることで、女性ホルモンが活性化し、バストにハリを出すことができます。

仕事や家事で忙しくとも24時までに床に就くことが理想ですが、「24時」という枠にとらわれ過ぎると逆にストレスが溜まってしまいますので、どうしても就寝時間が遅くなる方は、他の方法で質の高い睡眠で疲れが取れるように工夫しましょう。

寝る時の姿勢にも気を付ける

22時から2時のゴールデンタイムを睡眠に充て、質の高い睡眠をとったとしても、寝る時の姿勢が悪ければ、美しいバストラインは手に入りません

特に、うつぶせで寝ると、体重でバストを圧迫し、バストラインが崩れやすくなります。また、横向きの姿勢だとバストが横に流れてしまい、しわやたるみの原因となります。

あおむけで寝ることが理想ですが、就寝中に寝返りを打つこともあると思います。その場合、意識できるのであれば、バストに圧力がかからないような姿勢をするようにしてください。

就寝時もブラをつける

ブラジャーを身につけていると圧迫感を覚えるとのことで、就寝時にはブラジャーを外す方が多いと思います。

最近、ナイトブラというものが販売されています。このナイトブラは、就寝時の姿勢を考慮して開発されており、寝返りを打ったときにもバストの動きを最小限に抑えられるように工夫されています。

バストアップ効果を得たいのであれば、ナイトブラを着用することがおすすめです。

この記事の関連のページ

Pagetop